MENU

速度制限なしのポケットWiFiはWiMAXだけ!

ポケットWiFiって便利ですよね。きっとあなたは色々な場所で高速インターネットに接続したいのだと思います。でも通信速度や価格だけを比較しようとしていませんか?

 

残念ながらその比較方法は間違っています。最初のすべきは速度制限の確認です。ポケットWiFiには制限あり・制限なしのものがあるからです。月間データ量の通信規制が一切ないものだけをご紹介します。

 

月間データ量制限なしのポケットWiFiランキング!

GMOとくとくBB WiMAX2+
  • 月額料金 : 3609円

    初期費用 : 無料
    端末 : 無料
    キャンペーン : 31000円キャッシュバック

     

 

BIGLOBE WiMAX2+
  • 月額料金 : 3695円

    初期費用 : 3000円
    端末 : 無料
    キャンペーン : 20000円キャッシュバック

     

 

UQ WiMAX2+
  • 月額料金 : 3696円

    初期費用 : 3000円
    端末 : 1円〜6800円
    キャンペーン : 商品券3000円

     

 

*3日間で3GBを越えると制限がかかる場合があります。

 

ポケットWiFi「WiMAX2+」だけは月間データ量の制限なし

ランキングを見ればわかるようにWiMAX2+だけしか紹介していません。そうなんです。月間データ量の速度制限なしなのはWiMAX2+だけしかありません。ただし、WiMAX2+には3日間で3GBの制限がかかっています。またワイモバイル、Yahoo WiFi、ソフトバンク、au、docomo・・・などはすべて厳しい規制があります。

 

毎日快適に高速インターネットに繋ぎたいですよね?例えばワイモバイルは最大165Mbpsもの速度をアピールしています。しかし毎日動画を見てたら制限がかかり、128Kbpsという信じられないような低速になってしまいます。

 

だからこそWiMAXをおすすめしたいのです。徹底的に調べてみましたが、月間データ量の速度制限がないポケットWiFiはWiMAX2+だけでした。だから高速通信インターネットをたっぷり楽しみたいならWiMAX2+が最強におすすめです。

 

ちなみにプロバイダが違っても制限の条件は一緒です。速度も一緒です。価格やキャッシュバックキャンペーンの内容が違うだけです。価格はそこまで変わらないので、キャッシュバック金額が圧倒的No.1のGMOとくとくBBがおすすめです。

 

WiMAXはプロバイダによって何が違うのか

WiMAXに申し込もうと思ったらプロバイダを選ばなければなりません。GMOとくとくBB、BIGLOBE、UQ WiMAXなど代表的なのは全部で5社くらいでしょうか。しかしここで疑問が生じます。

 

「プロバイダの違いって何だろう?」

 

選ぶWiMAXプロバイダによってエリアが違ったり、速度が違ったり、制限内容が違ったら最悪ですよね。でも大丈夫です。エリアも速度も制限もすべて一緒です。だからどのプロバイダを選んでも月間データ量は制限なしです。

 

では何が違うのかといえば料金と端末です。ただ、最近はどのプロバイダも同じ端末を用意しているので、料金の違いだけ比較すればいいでしょう。つまり以下の内容を調べてから申し込んでください。

 

  • 月額料金
  • 初期費用
  • 端末料金
  • キャンペーンの内容

 

月額料金、初期費用、端末料金が安いのはGMOとくとくBBです。特に初期費用0円、端末0円なのは嬉しいですね。これだけで他のプロバイダより6480円もオトクです。

 

そして何よりもキャンペーンの内容が大きく違います。注目したいのはキャッシュバックの金額です。例えばGMOとくとくBBは31000円ものキャッシュバックを受け取れます。

 

それに比べてBIGLOBEは20000円、UQ WIMAXは3000円分の商品券とかなり見劣りします。つまり料金やキャンペーンで選ぶならGMOとくとくBBが最強ということになります。

 

速度制限のないWiMAXがここまで安い価格で使えるなんて、本当に凄いことです。日本で一番人気のプロバイダなのも納得ですね。私も使っていて、毎日快適にインターネットに接続できています。

 

ポケットWiFi「ワイモバイル」の制限

イーモバイル(E?Mobile)がワイモバイル(Y!Mobile)に変わりました。サービス名が変わっても結局中身は一緒です。イーモバイルのままです。料金なども特に変わっていないようです。

 

さて気になる制限ですが、非常に厳しい制度になっています。もしもあなたがワイモバイルを使っているなら、きっと4GかLTEの回線を使っているはずです。この回線種別によって規制の条件が変わります。

 

まず4Gの場合は「3日間で1GB」の速度制限です。3日間でたったの1GBしか使えません。1日4個の動画を視聴したら、もうアウトです。Dropboxに同期しているだけで意識せず規制対象になることもあります。

 

LTEの場合は「24時間で366MB」「1ヶ月間で10GB」の制限です。1日で4個の動画で駄目です。1ヶ月で10GBはソフトバンクなどのキャリアに比べればまだマシかもしれませんが、それでも厳しいですね。

 

とても毎日使えるようなポケットWiFiではありません。繋がりやすくて高速なことは確かです。ただそれが逆効果になります。あっという間に制限がかかってしまうのです。正直、ワイモバイルは使い物にならないと思ってください。

 

ポケットWiFiといえばWiMAXとワイモバイルが代表的です。どちらにしようか悩む人が大勢います。でもこんな決定的な違いあります。ワイモバイルにして後悔した人をたくさん知っています。どう考えてもWiMAXがおすすめです。

 

 

ポケットWiFi「Yahoo WiFi」の制限

Yahoo WiFiは唐突に出てきたポケットWiFiです。よくわかっていない人がほとんどです。しかもイーモバイルがワイモバイルになったことで、どちらもYahoo運営ですからますます混乱します。

 

そこで最初に結論を書いてしまうと「Yahoo WiFiはワイモバイルと同じ」です。もちろん料金体系は違います。Yahoo WiFiはYahooプレミアム会員を対象としたサービスなので、月額料金以外にプレミアム会員費用が毎月取られます。

 

一見安く思えても、実はプラス500円以上必要になるので注意してください。そしてワイモバイルと規制も一緒です。ワイモバイルは上記の通り、7GBや10GB、1GBなどの厳しい速度制限があります。

 

つまりYahoo WiFiも同じ速度制限があり、毎日使うのはほぼ不可能なポケットWiFiです。例えば現在人気のGL10P端末を使ったとしましょう。GL10Pには7GB制限と1GB制限があります。

 

GL10Pを使ってニコニコの高画質動画を10個視聴したとしましょう。はい、もう終わりです。1つの動画が100MBなので10個で1GBに達しました。下手したら使ってから2時間以内に規制対象になります。

 

実際Yahoo WiFiに申し込んでしまう人は、制限内容を知りません。だから申し込んでから後悔しています。だからあなたには制限なしのポケットWiFiはWiMAXだけなのだと覚えておいて欲しいと思います。

 

格安MVNOは制限がありでもなしでもおすすめしません

格安MVNOというものがあります。月額1000円未満で無線インターネットに接続できる格安プロバイダのような感じです。「月額1000円未満なんて安い!」とホイホイ釣られるのは情弱です。格安MVNOは絶対に使わないでください。

 

安いのは確かに魅力です。しかし回線速度が遅すぎるのです。現在100Mbps以上が当たり前の時代です。制限なしのWiMAX2+が110Mbpsです。今後220Mbpsになります。それなのに格安MVNOは200Kbps以下です。

 

200Mbpsではありません!200Kbpsです。1000倍も速度が違います。WiMAX2+と比較したら500分の1の低速回線です。こんなものでまともにデータ通信できるわけがありません。ISDN並です。動画なんて絶対に再生できません。

 

そしてMVNOには制限なしのものと制限なしのものがあります。「おお、制限なしならいいじゃないか!」と思うかもしれませんが、これが本当に酷いのです。

 

私は速度制限なしの格安MVNOを試しに使ったことがあります。実測で100Kbpsも出ませんでした。サイトですら表示できませんでした。制限あり・なし以前の問題です。はっきり言ってゴミです。

 

だからあなたには格安MVNOや格安SIMフリーなんてゴミに騙されないで欲しいのです。規制なしで使い放題の快適なポケットWiFiはWiMAXだけです。

 

スマホキャリアの制限

外出先でのノートパソコン、あるいは自宅のネット回線のためにポケットWiFiを選ぶ人が多いようです。しかし最近はiPhoneやAndroidなどのスマホを快適にするためにポケットWiFiを持つ人が急増しています。

 

というのも、スマホキャリアは例外なく速度制限があります。ドコモもauもソフトバンクも厳しい制限を実施しています。だからスマホで電子書籍をダウンロードしたり、動画を視聴したりすると半月も経たずに規制対象になります。

 

では各スマホキャリアがどのような速度制限を実施しているのかご紹介します。

 

ドコモの通信規制

ドコモにはXi総合プランとXiデータ通信専用プランがあり、それぞれ制限の基準が異なります。ただし99%の人はXi総合プランのパケ放題を契約しているので、こちらだけをご紹介します。

 

ドコモのスマホを使いすぎると7GBの通信量で規制がかかります。速度が128Kbpsに落ちます。この7GB制限は月末まで続きます。翌月になると自動的に解除されます。また「3日間で1GB」の通信規制もしっかりあります。

 

「当日を含む直近3日間で1GB」なのでスマホを使っている時に、いきなり速度が低下する可能性があります。こちらも基本的には自動解除を待つしかありません。ただし「2GBで2500円」の有料解除もあります。

 

auの通信規制

auならほとんどの人が「LTEフラット」のプランに加入しています。LTEフラットの速度制限は「1ヶ月で7GB」です。やはりこの基準が一般的なのですね。7GBを越えた翌日の午後1時から規制が始まり、月末まで続きます。

 

そしてドコモと同様に「3日間で1GB」の制限も存在します。当日を含む直近3日間、なのも一緒です。すぐに128Kbpsになりそうですね・・・。

 

auにはデータチャージと呼ばれる有料の解除方法があります。0.5GBで550円、1GBで1000円です。細かく指定できる分、他のスマホキャリアよりも良心的かもしれません。でもデータチャージした分は62日間経過すると消失するので注意しましょう。

 

ソフトバンクの通信規制

ソフトバンクの速度制限はちょっと特殊です。ドコモやauとはちょっと違います。いえ、1ヶ月で7GB、3日間で1GBの制限があるのは一緒です。ただ、細かい部分が異なるのです。

 

まず「1ヶ月で7GB」が自動解除されるのは、月末ではなく請求月末です。請求月末とは契約書に記載されている、請求の区切りのことです。(給料日の月末締め、10日締めと似たような感じです。)10日、20日、月末の3パターンがあります。つまり自動解除されるのもこの3つのどれかです。

 

3日で1GB制限のほうは、「当日を含まない直近3日間」です。つまり通信量が超過したら、その翌日から速度が128Kbpsになります。有料解除は1GBで1000円、2GBで2500円です。なぜか2GBのチャージが異常に高くて不思議です。

 

ポケットWiFiの制限を解除する方法

ポケットWiFiには多くの場合、7GB制限と1GB制限があります。WiMAX以外はほぼ共通していますね。ではもしも規制にかかってしまった場合、元の速度に戻すことはできるのでしょうか?

 

結論だけ書いてしまうと可能です。具体的には2つの解除方法があります。1つは無料、もう1つは有料です。1つ目の方法は「待つ」ことです。7GB制限は月末まで継続します。つまり翌月になれば自動解除されます。

 

1GB制限は直近3日間の通信量で決定されます。つまり通信量を節約すれば・・・もっと言ってしまえばポケットWiFiを数日使わなければ自動的に解除されます。ただ、無料というメリットはあるものの時間がかかるため非常に不便です。

 

「すぐに解除したいんだ!」という方のためにもう1つの方法が用意されています。ワイモバイルもソフトバンクもお金を払うと規制を解除してくれます。お金を払った瞬間に反映されるため、即時解除が可能になっています。

 

ただし、非常に高額です。速度制限にかかってしまうような人は、せっかくお金を払って解除しても、すぐにまた規制対象になってしまう可能性が高いのです。速度制限の度にお金を払ったら、1ヶ月に1万円以上のお金が必要になります。初めから制限なしのWiMAXにしておいたほうが良いのは言うまでもないでしょう。

 

ちなみにポケットWiFiの種類やキャリアによって、有料解除にかかる料金が異なります。以下の表にまとめてみたので参考にしてください。

 

制限解除の料金比較表
回線種別 解除料金
WiMAX WiMAX通信には速度制限がありません
ワイモバイル 2GBごとに2500円
Yahoo WiFi 2GBごとに2500円
ソフトバンク 1GBごとに1000円、2GBごとに2500円
au 0.5GBごとに550円、1GBごとに1000円
docomo 2GBごとに2500円

 

ポケットWiFiの制限を確認する方法

WiMAXを使っていれば制限なしなので通信量を気にする必要はありません。しかしあなたが携帯キャリアや制限ガチガチのワイモバイルやYahoo WiFiを使っているなら、通信量を意識したほうが良いでしょう。

 

実は先日、友人がiPhoneの機種変更をしました。「その時に初めて自分の通信量を知った」と言っていました。その多さと制限にかかってしまう原因に納得したそうです。

 

キャリアでも速度制限あしのポケットWiFiでも、月間6GBに達すると通知してくれます。「あと1GBで規制にかかってしまうから注意してね」という内容です。この通知で確認している人も多いでしょう。

 

ただ、問題は「3日間で1GB制限」のほうです。こちらは通知してくれません。事前にもわかりませんし、規制対象になっていても気付きません。ある日突然、「なんか全然速度出ないな・・・」と感じるまでわからないのです。

 

もしもあなたがポケットWiFiの速度に不満を持っているなら、制限の確認をしてください。公式サイトからログインすると、必ず自分の通信量が表示されます。「うわ、昨日はたくさん動画見ちゃったから、あと少しで1GB制限だ」と気付けます。

 

もちろん確認したからといって何かが解決するわけではありません。通信量を節約しようと意識するようになるだけでしょう。でもそれって楽しくありませんよね。動画も見たいし、ファイルもダウンロードしたいはずです。

 

だからWiMAXの満足度が高いのです。速度制限などまったく意識しなくても、ずっと高速ダウンロードを維持できるので、ワイモバイルから乗り換える人が急増しているそうです。

 

LTEは制限があるから申し込んではいけません

ここまで私は散々「WiMAXだけは速度制限なし」と書いてきました。しかしこの説明だけでは不十分です。無条件に無制限になるわけではないのです。その条件の鍵になるのがLTEです。

 

WiMAX2+には2つのプランがあります。ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードです。通常はハイスピードモードですが、LTEオプションに加入するとハイスピードプラスエリアモードになります。

 

LTEオプションは1005円かかりますが、広い地域で繋がりやすくなります。繋がりやすさがメリットで、オプション料金がデメリットのように思えます。

 

しかし本当に恐ろしいデメリットは別にあります。なんとLTEオプションに加入してしまうと、速度制限ありになってしまうのです。せっかくWiMAX2+が規制なしで使えていたはずなのに、LTEオプションに申し込むだけでガチガチの制限がかかるのです。

 

しかもLTEの通信量だけが対象ではありません。本来制限なしだったWiMAX2+の通信量も対象になってしまいます。唯一WiMAXだけはノーリミットモードとして制限なしを維持できますが、低速になってしまうのは一緒です。

 

規制内容は一般的な「1ヶ月で7GB」と「3日間で1GB」です。これではWiMAXのメリットがなくなってしまいます。だから速度制限なしのポケットWiFiが欲しいなら、LTEオプションには絶対に加入しないでください。

 

ポケットWiFiがあれば光回線はいらない

「ポケットWiFiは出先専用」なんて思っていませんか?確かにポケットWiFiの端末は持ち運びできるので、外で使っている人が大半です。しかし自宅でも使えることを忘れてはいけません。

 

当たり前ですが、そこら中で使えるということは自宅でも使えるのです。しかもポケットWiFiは回線はどんどん高速になっていて、光回線の100Mbpsとすでに越えています。つまり自宅の光回線なんて不要なのです。

 

あなたはが光回線とポケットWiFiの両方を使ったら、かなりのお金が毎月かかります。でも光回線を解約してポケットWiFiだけにしたら、これまでよりも安いお金で済むはずです。

 

光回線は多くの場合、NTTとプロバイダに料金を支払っています。両方合わせると5000円を越えることもあります。しかしポケットWiFiだけにすれば4000円以内に収まります。実に経済的ですよね。

 

ポケットWiFiに申し込む際、端末としてホームルーターを選択することもできます。もちろん普通の小さい端末でも大丈夫です。自宅で使うなら通信量が増えますから、速度制限のあるワイモバイルやYahoo WiFiはおすすめしません。

 

毎日動画を見るでしょうから、制限なしのポケットWiFiとして人気のあるWiMAX2+がおすすめです。特にキャッシュバックがたっぷり貰えるGMOとくとくBBがベストです。私は光回線を解約してGMOとくとくBB WiMAX2+だけを使っています。何も不満はありませんし、むしろ快適です。

 

月間データ量制限なしのポケットWiFiランキング!

GMOとくとくBB WiMAX2+
  • 月額料金 : 3609円

    初期費用 : 無料
    端末 : 無料
    キャンペーン : 31000円キャッシュバック

     

 

BIGLOBE WiMAX2+
  • 月額料金 : 3695円

    初期費用 : 3000円
    端末 : 無料
    キャンペーン : 20000円キャッシュバック

     

 

UQ WiMAX2+
  • 月額料金 : 3696円

    初期費用 : 3000円
    端末 : 1円〜6800円
    キャンペーン : 商品券3000円

     

 

*3日間で3GBを越えると制限がかかる場合があります。